『ネイバー』の意味は『お隣さん』

「お隣さんちで採れた野菜だよ!」

東京でも、それくらい近い距離感で畑と食卓が繋がってほしい。新鮮でおいしい野菜の一番魅力的な瞬間をリアルタイムで届けたい。そんな想いでネイバーズファームは誕生しました。

ここ、東京の市街地では、農業を取り巻く環境は厳しく、農地は縮小の一途をたどっています。しかし、近年、農地のもつ多様な役割が見直されてきました。ネイバーズファームもその流れを受け、「生産緑地」を借り受けて新規就農した最初の事例として、多くの支援をいただいています。

私たちは、この東京、日野市で、生産者と消費者が有機的に繋がりながら胃袋だけでなく「心も満たす」農業を目指します。そして、大切に守り継がれてきた農地を未来に受け継ぎ、魅力あふれるまちをつくっていきます。

|代表| 川名 桂
1991年生まれ、東京都出身。

|2014年|
東京大学農学部国際開発農学専修卒業

|2014年〜|
農業法人に就職。福井県にて大規模トマト栽培施設の立ち上げ・流通業務に携わる。

|2017年〜|
より消費地との近い農業を志し、東京都清瀬市の農家にて研修を開始。

|2019年3月|
日野市の生産緑地を借り受けて日野市にて新規就農、ネイバーズファームを設立。日野市の認定新規就農者となる。


ロゴマークについて

ネイバーズファームの”ネイバー”は、お隣さん、ご近所さんという意味です。消費者や地域の方と有機的に繋がりながら、お腹だけでなく「心」も満たす農業をしたい!という想いを込めました。代表の名前でもある「桂(かつら)」の木の葉がハートの形に似ていることから、モチーフとしました。

住所 
〒191-0022 東京都日野市新井870

電車 
京王電鉄「高幡不動駅」北口より徒歩10分
多摩モノレール「万願寺駅」出口より徒歩11分

車をご利用の場合
中央自動車道 国立府中ICより車8分
​​※駐車場はありません。隣接の有料駐車場をご利用ください。